2021年のアルトコインクロニクル

業界の先駆者として、ビットコインは早い段階から認識を継承し、今日まで主導性のある暗号通貨/デジタルコインになりました。時が経つにつれ、ファンベースの構築に成功し、評判も築きました。その後に続く他のコインは代替コインと言われ、略してアルトコインと呼ばれます。当時、最も人気のあるアルトコインのいくつかは、ライトコイン、イーサリアム、リップルでした。それ以来、他のコインが暗号市場に参入し、独自のルールをもたらしました。

2020年の暗号市場の変化

暗号通貨取引所は、通常の平均取引量の2倍の数字で、1日の平均取引量の急増を報告しました。ビットコインが新しいATHを獲得するたびに、多くの業界プレーヤーと暗号インフルエンサーがTwitterに目を向け、ツイートに添付されたロケットの絵文字とともに「To the moon, 月へ」とツイートしました。繰り返しになりますが、「ビットコイン」と「クリプト」の概念は、長い間それを忘れていた人々の記憶を喚起しました。しかし今回は、短期間のうちに、これらの悪名高い用語は名声を博し、暗号について何も知らないが金銭的利益を丸呑みする準備ができていた人々から尊敬を集めました。グーグルが年の初めにビットコインと暗号通貨の検索数が非常に多かったこと開示した際、「驚いてなかった」との声もありました。

Source: TradingView

予想通り、ビットコインの高価格は、ビットコイン投資の収益が長期的に利益を生むかどうかについて確信が持てない投資家にとっては不安でした。 機会を逃すことを恐れ、一部の人は乱暴に投資し始めました–自分の投資が将来何かになることを期待し、様々なアルトコインを購入しました。 一方、一部の人は、深海にダイブする前に、十分な調査を実施し、業界について学ぶために高質な時間を費やし、はるかに賢明なアプローチを取ることを決定しました。

しかし、人々の心に残っているまだ解明されていない質問はまだあります – 2021年にどの暗号通貨に投資するのですか? 現在、市場にはたくさんのアルトコインがあります。比較的安いアルトコインもありますが、イーサリアムのような新しいアルトコインと比較すれば、若干高い価格がつけられたアルトコインもあります。 選択できるアルトコインが非常に多いため、次のビットコインがどれになるか、それが発生する期間、または発生するかどうかは誰にもわかりません。 イーサリアムがビットコインの地位になり、ビットコインを置き換える可能性があると推測されていますが、それもどれほどの確実でしょうか?イーサリアムの価格もビットコインほどではありませんが、少し上昇していました。 市場の状況や将来に向けて設定された世界の出来事に応じて、何でも可能です。 これにより、どのアルトコインがライバルまたは成功する可能性が高いか、ビットコインを予測することは非常に困難になります。 どんなコインでも簡単に表に出せ、業界全体を混乱させ、ゲームを変えることができます。 ランダムに投資をした人が勝者になる可能性もあります。

アルトコインの将来の懸念

暗号通貨は株式市場と同じように機能し、価格は時々勢いを失う可能性があります。 ドージコインの場合もそうです。 テスラのCEOであるElonMuskからの応援を獲得したドージコインは、2021年に人気があり、需要度のあったコインの1つです。当初から、取引所はこの傾向に追いつき、この暗号通貨を取引に利用できるようにしました。ドージコインがいつまでその調子を続くかはまだ謎ですが、当コインのボラティリティは非常に高く、ユーザーにとってより大きなリスクがあることに注意する必要があります。 それにもかかわらず、暗号業界は非常にセンシティブなので、スキャンダルやコンプライアンスの問題や規制などのマイナスな問題がメディアに捉える場合、当暗号通貨のパフォーマンスに深刻な影響を与える可能性があります。たとえば、米国証券取引委員会(SEC)が登録せずに米国市民にデジタル資産であるXRPを提供したとして、リップルに関する調査を開始した後、リップルの価格は急激に下落しました。その後、リップルはわずかに回復しているようで、一部の応援者は今後数年間のリップルの成長について期待しているようです。 AAVE、BNB、VET、ATOM、NEOなどの他の暗号通貨も多くのトレーダー間に人気があります。