暗号通貨は安全ですか?

暗号通貨は21世紀の大きな現象の1つであり、投資家を引き付け続けています。 投資家が暗号に投資する理由は無限です。 彼らの考えでは、暗号資産はインフレをヘッジする方法か、万が一の場合に備えて暗号通貨はバックアップ投資として保持したいだけかもしれません。 他の考えられる理由は、投資家には、分散型ファイナンスのアイデアを支持し、または「デジタルゴールド」の将来を信じている可能性もあります。 理由が何であれ、このセクターへの参加にあまり熱心ではない投資家もいるでしょう。 彼らにとって、暗号通貨の性質は、ボラティリティの観点からだけでなく、ハッキングなどのセキュリティ上の懸念もあり、リスクが高すぎると思われます。 デジタル時代において、安全性は依然優先リストの第1位です。そのため、 投資家を迷わせる質問は、暗号通貨はどれほど安全ですか? 今投資しても大丈夫ですか?

暗号通貨ハッキング–暗号通貨取引所に主要な問題

2014年に発生したマウントゴックス取引所ハッキング事件以来、暗号通貨投資家は暗号資産を保存するため、安全な取引環境を見つけることが困難でした。 ほぼ毎年には、何千人の投資家に影響するサイバー攻撃がありました。ちょうど昨年、最大の暗号通貨取引所の1つであるKuCoinがハッキングされ、約2億ドルを失いました。

残念的に、ハッキングは予測不可能であり、業界では今でも一般的発生しています。しかし、変わったのは取引所による対応です。紛失または盗難にあった資金の回収についてはより良く強化されています。たとえば、KuCoinの場合、盗まれた資金の84%が追跡され、投資家の口座に戻されました。 明らかに、これはセクター自体がより安全な場所という意味ではありませんが、取引所が安全性にもっと注意と力が注いでいることを意味します。

さまざまな種類のコールドウォレット

問題にはいくつかの解決策があります。取引所内に暗号資産を保存することに十分な安全性を感じていない投資家には、暗号通貨をより安全なウォレットに暗号通貨を移動することができます。市場には、ホットウォレット、ペーパーウォレット、モバイルウォレット、そして最後にコールドウォレットなど、さまざまな種類のウォレットがあります。特に、コールドウォレットの安全性がよく知られています。このタイプのウォレットはインターネットに接続されていません。簡単に言うと、暗号通貨をウォレットに転送すると、外部からハッキングされることはありません。コールドウォレットは比較的に安全ですが、取引をしたいときに取引所に接続する必要があるため、少し不便です。ハードウェアウォレットとも呼ばれるコールドウォレットは、通常、何年にもわたって「ホドリング」に役立つデバイスと考えられています。

ソース:exodus.com

 Ledger社とTrezor社は、長年にわたって暗号通貨の投資家にコールドウォレットの製品とサービスを提供しています。 この2社のコールドウォレットは安全性が高いと周知されており、投資家のニーズに応じてさまざまなサービスやオプションを備えた各種類のモデルを提供しています。例えば、KeepKeyやProkey Optimumなど、他のいくつかのハードウェアウォレットから選べます。

暗号通貨の安全性をどのように判断しますか?

暗号通貨を購入、売却、または保管する際の安全性は重要ですが、この投資クラス自体は安全ですか? デジタル資産、コイン、トークンの性質は、従来の金融システムよりも安全ですか?

暗号通貨がコアテクノロジーとしてブロックチェーンを使用し、保護を形成しています、この分散型元帳テクノロジーは比較的新しく、多くのIT専門家は、インターネットが発明された後の世界と同様の変革をもたらすことができると信じています。

ブロックチェーンセキュリティの最大の例は、このテクノロジーを最初に使用しているのがビットコインです。当記事を書いている時点で、 ビットコインの時価総額は約1兆ドルです。つまり、誰かがブロックチェーンをクラックしたり、ハッキングしたり、ビットコインのネットワークを不安定にする何らかの攻撃をすると、その「バグバウンティ」は驚異的な1兆ドル相当のビットコインになります。今のところ、これは不可能な作業のように見えます。

しかし、これはすべての暗号通貨が安全であるわけではありません。暗号通貨を作成する前に、プロジェクトの背後にあるチームは、いわゆる「ブロックチェーンのトリレンマ」に直面する必要があります。 簡単に言えば、ブロックチェーンのトリレンマは、ブロックチェーンの世界で3つの重要な概念から2つを選択する機会費用です。これらは、スケーラビリティ、セキュリティ、および分散化です。それにもかかわらず、セキュリティは暗号通貨にとって重要であることは当たり前です。

資料ソース:cryptoticker.com

そのため、暗号通貨は本当に安全ですか? この質問への答えは見た目より難しいです。 私たちが「安全な暗号通貨」について述べるとき、私たちはハッキングに抵抗する取引所の能力についての話か、 あるいは投資家が彼らの暗号通貨を安全に保管する能力についての話か、それとも暗号通貨の性質上の安全性の話かの質問に対しての回答が異なります。

日本語公式アカウント