Bingbon:地球上で最も安全な暗号デリバティブ取引所

暗号通貨のセキュリティに関する前回のブログ記事で記述されたように、暗号通貨環境のセキュリティの概念は、色々なレベルから調査できるため、非常に複雑です。 ほとんどの場合、投資家にとって最も重要なことは取引所のセキュリティです。過去数年間で暗号通貨取引所のセキュリティは向上しましたか、それとも、まだ暗号通貨の世界にとって大きな脅威ですか?これが本当なら、暗号通貨デリバティブ取引所で取引することによってリスクを減らし、セキュリティを向上させることは可能ですか?

 

ハッキングの減少

 

前回の強気相場(2016年の終わりから2018年の初めまで)の間に、いくつかの取引所はセキュリティの維持に問題がありました。 最も一般的なタイプのハッキングはセキュリティの脆弱性の利用、資金プールの流出、またはフラッシュローンでした。ただし、これらは主にDeFi攻撃に繋がっていました。こういった問題は Bithumb、CoinCheck、CoinDash、NiceHashなどの取引所に発生しました。

 

その中、一部のハッカー攻撃は比較的深刻でした。それにもかかわらず、セキュリティはほぼすべての暗号通貨取引所にとっては脅威です。 Bithumb、Bitfinex、Poloniex、Cryptopia、Kucoin、さらにBinanceまでトップティアの暗号通貨取引所もいずれもとタイミングでハッキングされています。

 

なお、プラス面として、主要な暗号通貨取引所でのハッキングの数が2019年から2020年にかけて大幅に減少したことです。2019年に約12社のメジャー暗号通貨取引所にハッキングがあり、この数は2020年に5社まで減少しました。盗難された資金の合計額はほぼこの2年間は同じですが、2020年のKucoin ハッキング事件が当額に大きく貢献しました。Kucoinのハッキングにより盗まれた資金がほとんど回収され、投資家には一喜一憂だと言えます。

 

Bingbonは安全な取引環境を作り出します

 

安全な取引環境への需要は非常に高く、他の多くの取引所と同様に、セキュリティはBingbonが提供している他の取引所に劣らないサービスの1つです。業界中若年層の取引所の1社として、Bingbonはハッカーの攻撃に耐える能力を証明する機会にまだありません。ただし、デリバティブ取引所として、この分野で最も安全な取引所の1社になる道に進んでおり、これまで暗号デリバティブ取引所の信頼性を損なうようなセキュリティブリーチ報告はありません。

 

さらに、Bingbonは暗号通貨のデリバティブ取引所であるため、暗号通貨のセキュリティにエクスプロイトやハッキングの可能性が低くなります。この形の攻撃は、暗号通貨セクターの変化により増加し、多くのプロジェクトは、まだ安全とは見なされていない分散型ファイナンス(DeFi)ソリューションに基づくからです。ただし、Bingbonはデリバティブ取引のみを提供しているため、流出や悪用できない取引製品やサービスを提供することで、このような攻撃の潜在的な脅威を軽減できます。

 

Bingbonのセキュリティを向上させるためのバグバウンティをオファー

 

また、Bingbonはセキュリティに関して、顧客に最高のサービスを提供するために、SlowMist社という第三方のセキュリティ監査会社と提携しています。SlowMist社は、70社以上の取引所にサービスを提供し、顧客資産を完全保護の上、全体のセキュリティも確保してきました。例えば、取引所のセキュリティ監査、ウォレットのセキュリティ監査、ブロックチェーンセキュリティ監査、セキュリティモニタリング、レッドチーム及び防衛配備など含めて様々なサービスを提供しています。

 

当提携は、Bingbonが取引所セキュリティの問題を見つけた人にバグバウンティを提供することに役立ちます。 取引所の脆弱点を見つけるための報酬は、問題の重要度と発見されたバグの性質に応じて、50から4000USDTまでアワードします。

 

セキュリティ監査会社との提携や脆弱点報酬の提供など細かい取引所間の違いは、安全性を最優先にすることの方針が見えます。したがって、ビットコインやイーサリアムなどの有名な暗号通貨のデリバティブを取引するために安全な環境を選択したい場合は、Bingbonがその天国です。

 

日本語公式アカウント